06-6900-3338
予約フォームはこちら

膝専科

生活習慣の洋風化により、膝の痛みを訴える方が年々多くなってきています。様々な膝痛に対応出来る様に膝専科を開設し、不安のない日常生活をとりもどせるように致します。

膝痛5つのチェックポイント

①歩き始めるときに痛む。
②椅子や床から立ち上がる時に痛む。
③長時間歩くと痛む。
④階段の昇り降りの時に痛む。
⑤正座やしゃがむときに痛む。

皆さんは、こういう経験ありませんか?

膝の痛みは老化が原因だとあきらめていませんか?
膝の痛みは治らないとあきらめていませんか?

膝が痛むことで運動不足になり、それが重なることで筋力低下を招く悪循環になっています!

北大阪バランス研究所では、さまざまな膝の悩みを抱えている方の為に、膝の痛み専科を開設しました。

・鎮痛剤や注射は対症療法です
膝に痛みが続き、病院で診察をすると鎮痛剤を処方されたり注射を打ったり、膝の痛みが治まったと思ったらまた痛みが…

薬や注射は、一時的に痛みを抑えるのが目的です。
膝の痛みを根本的に治す事にはなりません。

本当に重要なことは、症状を抑えるのではなく、何が自分の膝痛の原因かを理解し正しい運動と施術を行う必要があります。

膝の痛みを解決する方法

膝の痛みを治すのは、膝の関節をつくっている筋肉の動きを良くし重心バランスの適正化が必要です。
重心バランスを良くするには、股関節・膝関節・足関節の3関節の並び合わせが肝心です!

それを解決する為、北大阪バランス研究所では手技療法と運動療法を組み合わせ、さまざまの膝の痛みに対応しています

ポイント1手技療法 ≪神経筋連絡手技法≫

この治療は、痛みを解消させるばかりか筋機能を大幅に向上させ、年齢を問わず筋肉自体を回復させます。 それと同時に骨代謝の亢進および血流の改善を行います。 筋肉のシワ=スパズムを解消させるのに効果を発揮します。筋肉の状態が良くなると、骨の変形は進むことはありません。 また、間接的に自律神経機能を高めていきます。当然、身体を治すのは個々の持っている治癒能力です。 年齢・症病歴等…様々な要因によって回復の経過は、変わってきますが神経筋連絡手技法で着実に変化が現れてきます。

ポイント2運動療法 ≪ホグレル≫

ホグレルの特徴は、無理なく高齢者にも安心!カラダのバランス改善!手技との併用で効率的!という点で手技療法と組み合わせることに優れています。

『身体に負担をかけずに、自分で治す』という効率の良い循環をつくる!
ホグレルマシンを使用したリハビリ方法は、筋肉をリラックスさせた状態で、筋肉の伸縮を繰り返して行うことで、筋肉と神経の伝達効率をよくします。
そして筋のポンプ作用が高まれば血液・リンパの循環が促進され循環が良くなることで疲労物質などの老廃物が溜まりにくくなるので、「疲れにくい・怪我 をしにくい」体に生まれ変ります!
筋や神経に負担をかけることが少なく関節の動きも改善され人間が本来持っている身体機能を取り戻し、バランスの取れたカラダをつくります。

説明が長くなりましたが、膝が痛いのに運動するの?と思ったかもしれませんが、このホグレルは名前の通りで、硬くなった筋肉をほぐすのです!
特に膝が痛い人は、太ももの内側の筋肉が硬くなって痛みを出し、太ももの裏の筋肉のハムストリングスが硬くなって膝が伸びない環境にしています。

そこで登場なのが、インナーサイとネバータイトハムです。
たった数分の運動で、体が柔らかくなるので、インナーサイ・ネバータイトハムをご利用された皆さん驚かれます!正しく運動することは、とても大事なのです!