06-6900-3338
予約フォームはこちら

腰椎椎間板ヘルニア治療

性別を問わず誰もが突然発症し得る器官損傷型の代表的腰部疾患  腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

40歳以上の人であれば性別を問わず誰もが突然発症し得る器官損傷型の代表的腰部疾患です。 この疾患の特徴は、初期段階では腰の痛みを主に発し、中期からは下肢の神経症状に痛みの中心が変わることです。 通常、神経は接触の段階ではほとんど痛みは出しません。 脱出した線維輪が神経を押し始めると接触部の神経線維が伸展されます。 この伸展された神経線維の数が、ある一定数に達すると神経インパルスの減少が始まります。この段階で根性の神経症状が出ます。 この根性症状を発する神経根は、第五腰椎神経根と第一仙椎神経根です。 この場合慢性腰痛よりの加齢性では、第五腰椎・第一仙椎共の両方脱出が多くの場合で見受けられます。 しかし、急激な負荷が瞬間的にかかり発症する場合は、第五腰椎か第一仙椎のいづれか一方の場合が多く見られます。 神経症状としては、第五腰椎の場合は大腿後側から膝を境に下腿前面を通り母指に終わります。 第一仙椎では大腿後側からそのまま踵骨まで一直線に達し母指に終わります。 又、下腿部での知覚脱出、アキレス腱反射や膝蓋腱反射の低下や喪失、及び下肢の筋萎縮など様々な特徴を有す疾患です。 又、脱出の形態は内側脱出と外側脱出の2タイプあり、それぞれの症状の出方に違いがあります。 さらに厄介なことに、脱出の度合いによる差異も症状の出方を異なるものにします。 例えば潜在性・完全・剥離などによる差異です。 しかしこれらは、先程述べた症状の強弱の違いとなって現れますが、治療法は基本的には同じです。 PNF‐筋整復法は腰椎椎間板ヘルニアを完治し得る療法です。 世界的に見てもこの疾患を手術するケースは全体の僅か2パーセント程度で ほとんどが理学的な治療法を用い治癒せしめます。 PNF‐筋整復法も椎間板の内圧を下げる独自の治療施術法で完治させることが容易に出来ます。 ※椎間板ヘルニア治療は保険適用外となります。

発症の背景

1、椎間板内の水分の減少 人間は通常、性別を問わず19歳までは必要に応じ、椎間板内に十分な水分が供給されています。 そして、その量は25歳ぐらいまでは横ばいで推移します。 しかし25歳を過ぎると水分は減少に転じます。 したがって、ここからがこの症状を発症させる危険ゾーンに入ります。 なぜならば、椎間板内線維輪の移動脱出は椎間板の内圧が上昇し 外との圧力比が1以上で一定の段階を越えた時に起きるからです。 それゆえこの疾患は、誰もが発症する可能性があると言えます。 特に40歳を越えると水分の減少は激しくなります。 その結果、椎間板の磨耗も起きやすくなり慢性的な腰痛を有している場合は、さらに危なくなります。 このような状態の時に何等かの急激な負荷が瞬間的にかかったりすると発症します。 2、脊柱起立筋群斜筋系による継続的な椎間板への圧迫 本来、脊柱起立筋は直筋系・斜筋系を問わず、すべて脊柱を支える等尺筋です。 斜筋系はその中でも深層筋で椎体を一番深いとこで守っています。 しかしこれらの筋群が疲労し、守りきれなくなると、逆にもたれ掛かって来ます。 そうなると椎間板はこれらの筋群により、逆に圧迫を受けることになり、その結果、椎間板の内圧が上昇します。 そうなるとパスカルの原理が椎間板内で発生し、その結果、線維輪が外に出てきます。つまりヘルニアです。

治療上のポイント

腰椎椎間板ヘルニアは、よほどの急性、つまり瞬間的、且つ急激な負荷を受けた場合を除き大方は徐々に進行していきます。 最初は、軟骨板の膨隆を特徴とする潜在性ヘルニア 次ぎは脱出状で神経根に接触したヘルニア そして、その段階から神経線維を押圧が加わったヘルニア さらに、脱出した線維輪が剥離し、遊離したヘルニアなど… 様々な状態があり、それぞれの状態で症状の出方が異なります。 しかし、治療上のポイントは明確に、ただ一点です。 それは椎間板の内圧を下げることです。 しかし、ただ下げただけでは治癒しません。 椎間板の内と外との圧力比を施術により瞬間的に逆転させねばなりません。 当院の治療法は、それを素早く且つ計画的に行うことを可能にした画期的な治療法です。